アウトドア理系学生の趣味ブログ

理系大学院生が趣味のアウトドアについて記録していくブログになります。登山、ロードバイク、スキー、etc

【北アルプス】 はじめての北アルプス、焼岳日帰り縦走【2017/10/17】

 

2017年10月17日

 

はじめての北アルプスは焼岳に日帰り縦走してきました。標高は2455mです。

焼岳は噴火警戒レベル1の活火山で、現在も山頂付近南峰は立ち入り禁止区域となっており、実際には標高2455mまでは登ることができず、北峰の2393mがピークとなっています。

 

今回は新中の湯ルートから山頂を目指し、上高地に下っていく縦走ルートを、ガイドのミネさんとマッハに連れて行ってもらいました。

 

 ちなみにミネさんについてはこちらから↓

www.littlepeaks.jp

 

 

前日は、乗鞍の小峰家に宿泊。

その時にふるまってもらった猪肉がおいしくて、野生に返った気分だった。

ごちそうさまでした。

翌日の天気が微妙だったので、朝起きてから判断しようということで、早めの就寝。

 

 

朝、乗鞍は若干雨が残っていたけれど、晴れ予報になっていたので、連れて行ってもらうことに。

8時半に登山道入り口について、8時38分出発。

 

はじめは、ブナの木に囲まれた樹林帯を黙々と登っていく。

木々の間から見える空はまだどんより。

途中、天然なめこを見つけたり、ミネさんの軽快なトークで単調な登りもあっという間に過ぎていく。

特に見所があるわけでもなかったけれど、ミネさんが色々話しながら登ってくれたおかげで、楽しく登れた。

朝までの雨でぬかるんでるところも多かったけど、ミネさんが先頭で体を張って教えてくれたおかげで濡れずにすんだし。

 

一時間半ほど登ったところで、山頂がみえる広場に到着。

この辺りから2000mを超えて、まわりの植物も変わり、雲海を見下ろしながら登り始める。

 

頑張って写真を撮ろうとする図。

 

 

ミネさんとのツーショット。華がない。

 

活火山であることを感じさせる山頂付近。水蒸気が出てるのが見えるが、この辺りではまだ硫黄の臭いは感じず。

この辺りの登山道の脇に、黒と白と赤の実がたくさんなっていた。

白いのは潰したらシップのにおいがしたけど、特に原料などではないらしい。

 

まだ雲に隠れていた、乗鞍岳を背にピークを目指す。

 

ちなみに焼岳はトロイデ型の比較的若い火山。マグマの粘性が強いのが特徴で、山頂はゴツゴツした岩肌となっている。

ミネさんに説明してもらって、理科で習ったのをなんとなく思い出したが、あんまり覚えていない。

実際にいろんな山に登って勉強したいと思った。

 

そうこうしているうちに山頂へ。

ついに、穂高連峰が顔を見せる。

ここから、北峰に登って本日の最高到達点。11時20分。

だいたい2時間40分ほど。

気づいたら天気も快晴で、穂高から槍ヶ岳笠ヶ岳など北アルプスの山々が一望できた。

中の湯ルートから登ったおかげで、山頂に立ってやっと大パノラマで北アルプスを見ることができたので、感動が二倍。

 

山頂で、ミネさんの奥さん特製のおにぎりをいただく。

前日から乗鞍にいたせいかあまり気にならなかったけれど、たぶん硫黄のにおいがすごい。いたるところから蒸気が上がっていて、ほんとに活火山なんだなと。

 

さて、休憩もそこそこにここから上高地まで下っていく。

お目当ては上高地ソフトクリーム。

 

焼岳小屋を目指して下っていく。

この辺りから、プロと元プロとのレベルの違いを感じる。

二人とも下りが速い。そして僕らの前にいたおじいちゃんも速い。

さすが北アルプス

 

 

しんどいぜこの下り。

 

焼岳のラピュタっぽい道。

 

焼岳小屋で一服した後、トレッキングポールの使い方をレクチャーしてもらい、ついにトレッキングポールを使い始める。いまさら。

 

ここからの下りもついていくのに必死。

鎖場やはしごも出てきたので、三点支持を意識してついていく。やっぱり朝までの雨で濡れていたので慎重に。

丁寧に下ればそこまで怖くはなかった。

ポールが邪魔。

 

 

 

 

焼岳小屋からは、わりとすぐに樹林帯に入ったので、また木のレクチャーを受ける。

カエデにもいろいろ種類があるらしい。一回じゃ覚えきれなかった。

 

 

これは白樺。白樺は種類が多すぎて、ガイドするのが大変らしい。

正直全部同じに見える。

 

そして下山。

https://www.instagram.com/p/BajaODdn3BD/

雪積もるまで山はお休みかな

3時半ごろ河童橋着。

 

人生初の河童橋

いつかはあの山へ登りたい。

 

 

今回はじめての北アルプスで、ミネさんに案内してもらいながら登ったけれど、自分の未熟さを感じる山行だった。

趣味でやる以上、安全第一だし、それにはスキルも知識もいるのを実感できた。

だから焦らずに登山を楽しみたい。

 

あと、ブログに記録として残すために、写真をこまめに撮るようにする。

肝心のソフトクリームの写真も撮り忘れたし。

まぁこれから何度も来るだろうからいっか。